健診の心構え

たくさんの健診を紹介したけど

ここで一つ重要な事をお話しますね。


乳幼児健診では標準である事を重視します。


お母さん達からしてみれば厳しすぎるんじゃない!?

って感じる事もあると思いますし

私もやっぱりそう思います(^^;)


保育や検診のプロに「ちょっと小さいなあ」なんて

言われちゃうとすごく不安になったりますよね。


周りの子はお座りやハイハイをしているのに

うちの子はまだ寝返りしか出来ない・・・


って周りがすごく良く見えたりしていませんか??


初めての育児に不安はつきものだし

育児は「こうあれば良い」なんて正解がないから

本当に試行錯誤して苦労もしますよね。


だけど周りの子がしっかりしてみえるのは

み~んな同じなんですよ。


確かにお母さんは病気や発育のプロじゃないけど

毎日ずっと一緒に生活してるお母さんが見て

元気ですくすく育っていればそれば良いんです!


それでも再検診になったとしたら、きっと

凄く嫌な気分になったり悲しくなったりすると思います。


だけど乳幼児健診では隠れた病気や障害があれば

できるだけ早いうちにそれを見つけて、きちんと対処を

しなくちゃいけないんです。


その為にも基準をあえて厳しくしているんです。


だから、もし健診で再検査になったとしても

問題がない事がほとんどなので落ち込まないでくださいね(^^)


正直な所、保健師さんの当たり外れは、かなりあります。

最近は凄く良くなってきているようなんですけどね。


やっぱり「あなたはお姑さんですか!?」なーんて

ことを言っちゃう保健師さんがいるのも事実です。


だから嫌な事を言われたり、苦手な人に当たったときは

迷わず、他の保健師さんに相談しましょうね!


子育てで大変な時期に、本当なら頼りになってくれる

保健師さんが、お母さんを悩ませるなんて

あってはいけない事ですからね(^^;)


そして信頼できる保健師さんと

お母さんと子供がより健やかに生活できるように

疑問点や不安な事など心置きなく相談してください。


検診は本来、お母さんが楽しく育児をするための

手助けをする場所なんですよ(^^♪


そう思って子供の成長を楽しみに検診に行ってくださいね!