3歳児健診

3歳児健診の案内は郵送で届き、保健センターで行われます。

これが乳幼児健診の最後になります。


そして健診の内容も赤ちゃんの頃からは想像できないくらい

種類も増え、発達の基準の複雑になってきます。


さて、3歳児健診で必要な持ち物は以下になります。


母子手帳、問診表、まだオムツであれば変えのオムツ

お茶やお水といった飲み物、子供の歯ブラシ

当日の尿(ビン等にいれて持っていきます)です。


検査内容は、身体測定、歯科健診、尿検査と

まるで大人の健康診断のようになっていきます(^^)


言葉の発達の目安が「自分の名前が言える」になったり

動きの発育の目安が「手を使わずに階段を上れるか」

という風に、細かい部分になってきます。


他にも聴力に関しての項目や「色が解るか」といったように

視力に関する項目も増えていきます。


そして今までなかった項目でお友達と上手に遊べるか

というような社会性についてのチェックもあります。


3歳にもなると、それぞれの子の性格による部分が強く

当然、友達と遊ぶのが好きな子もいれば

1人でマイペースに遊ぶのが好きな子もいます。


なので、客観的と主観的の2点から見て心配なければ

なんにも問題のない個性なので固くならずに健診を受けてくださいね。


そして3歳児健診でお母さんが一番不安だって

声が多いのが言葉の発達です。


これに関しても、現時点で言葉が遅くても

その子によって話し始めるタイミングが違います。


健診では言葉の教室を進められたとしても

ある日突然別人のようにたくさん話し始める

なーんてこともよくある話ですよ(^^)


言葉や栄養、動きの発達に関しては

保健センターがスペシャリストといっても間違いないので

不安があるならこの機会にじっくり相談してくださいね!