1歳児健診

1歳児健診は9~10ヶ月健診で発育に不安があった子の

再検査として行なわれます。


具体的にどんな子が再検査になるかというと

寝返りをしない、座れない、動けない(ずりばい等)というように

主に動きの発達に問題があった子が中心です。


ただし9~10ヶ月健診で、動けなかったり言葉がでなくて

再検査といわれた子でも、1歳を迎えるまでに

発育の不安を克服する子がほとんどなので安心してくださいね。


6~7ヶ月健診でも書いてあるように保健センターは

よくも悪くもマニュアル的で「標準」であることを重視しています。


言ってしまえば、再検査の基準が厳しいんですよね。

もちろん、何か病気があった時に見逃さないための基準なので

厳しいのもいいことなんですけどね。


だけどこの時期は本当に個人差の範囲がひろいんですよね。

10ヶ月で走る子もいれば1歳半でようやく一人で立てる子もいます。


一般的に、体が大きい子のほうが動くのに力がいるので

時間がかかるといわれています。


そして動くのが遅い分、言葉やしぐさで物事を伝えようとしたり

それぞれ違った成長がみられていれば問題ない事がほとんどです。


だから再検査になったとしても、あんまり深く考えず

1歳記念に身体測定してもらいに行くんだ~!

と軽い気持ちで行ってみてくださいね(^^)


1歳近くになれば、同年代の子供同士のやりとりも

少しづつできるようになってくるので

そのやりとりが見られるっていう楽しみもありますよ♪