6~7ヶ月健診

6~7ヶ月健診は3~4ヶ月健診で発育に

不安があった子が対象の再検査です。


具体的にどんな子が再検査の対象になるかというと

体重がすくない子、3~4ヶ月健診で首のすわりが遅かったり

反射が鈍かった子が対象になります。


健診内容は3~4ヶ月健診とほとんどかわりはありません。


3~4ヶ月健診で再検査に来てくださいといわれたお母さんは

それはそれは不安だと思います。


初めての育児でただでさえ神経が磨り減っているのに

「発達が遅い」と言われると、自分の事を言われているより

悲しくなったりしますよね。


だけど、保健センターは良くも悪くもマニュアルや数値で判断します。

体重がすくない子でも良く飲んで機嫌がよければ

問題ない事がほとんどです。


生まれたときの体重がすくなければ

当然3~4ヶ月の体重も少ないのが当たり前です。


首すわりが遅い子は、お母さんに抱っこされている時間が多くて

首を動かさなくてもお母さんの顔が見えるから

他の子よりも少し首のすわりがゆっくりなだけかもしれません。


はたまた大切にずっと横抱っこで育ているからかもしれません。


だから再検査だからといって、落ち込む事はないんです。

それどころかダタで健診してもらえてラッキー!

っていうように前向きに考えてくださいね。


基本的にこの頃の赤ちゃんはよく飲んで、機嫌がよくて

きちんとうんちやおしっこが出ていれば

問題ない事がほとんどなんですよ(^^)