日本脳炎

日本脳炎は地域によっては定期予防接種で

無料で接種することができます。


ですが地域によってはあまりすすめられていない

予防接種で、任意に含まれている地域もあります。


ちなみに私の住んでいる所では、日本脳炎の

予防接種はありません。


なぜかというと、日本脳炎は蚊を媒体にしたウイルスで

ウイルスを持った蚊が人間の血をすうことで感染します。

感染すると痙攣、意識障害などが現れる急性脳炎になります。


だけど人から人に移るわけではないので

蚊の少ない地域では接種する必要がないからです。


そして日本脳炎の予防接種があまり勧められていないのは

もう一つ理由があります。それは副作用です。


副作用としては他の予防接種と同じように

発熱や注射をした所の腫れなんかが一般的です。

だけどもう一つ、怖い副作用があるんです。


すこし前に厚生労働省の発表で

急性散在性脳脊髄炎(ADEM)が副作用として現れる

子供が増えてきている事がわかったからです。


急性散在性脳脊髄炎(以下ADEM)とは脳神経の病気で

ウイルスの感染、もしくは予防接種のあとで

稀に頭痛や熱がでたり、痙攣や運動障害があらわれる病気です。


もし予防接種の後に副作用として現れるときは

大体、数日から数週間後に症状がでるそうです。


日本脳炎の予防接種をおこなっている地域は

もちろん日本脳炎のリスクと副作用のリスクを

くらべた上で行っているので安心してくださいね。


ただし日本脳炎に限らず、どの予防接種にも

少なからず副作用がありますから、お医者さんと相談して

納得してから予防接種をうけるようにしましょうね。