一ヶ月健診

1ヶ月健診は出産した産院で行われます。

必要な持ち物等は、退院の時に説明されると思いますが

念のために書いておきますね。


子供用品は以下になります。

母子手帳、保険証(子供のもの)、乳幼児医療費受給者証

オムツ、着替えの肌着、必要であればミルクです。


お母さん用品は以下になります。

保険証、診察券、替えのナプキンの3点です。


いつもの妊婦健診に来る妊婦さん以外に

同じ日、同じ時間に何組もの親子が

健診に来るわけですから、待ち時間はかなり長いです。


病院の広さや出産時期にもよりますが

最悪の場合は、抱っこで立ちっぱなしになる事を考えて

抱っこ紐は肩に負担のかからないものを選びましょう!


そして座っていても、持て余してしまいますから

好きな本なんかを持参してもいいですね(^^)


または隣に座っているお母さんと世間話をするも良し!


続いて健診子供の内容を説明します。

新生児訪問と同様に身体測定をして心音や

股関節の開き具合、黄疸の有無、子供の反射を確認します。


他にも、脂漏性湿疹やオムツかぶれ等の細かい所も

しっかり診察するので安心してくださいね(^^)


続いて今度はお母さんの健診内容です。

定期健診っていってもお母さんのほうは、ほとんどの場合

1ヶ月健診が最初で最後となります。


お母さんの健診は自然分娩であればおスソの状態を見て

帝王切開であれば傷口の状態を見ます。


会陰切開をした人で、抜糸をしなかった人は

糸の溶け具合やおスソの状態(つっぱる感じがするなど)によっては

1ヶ月健診で抜糸をする事があります。


他にも、気になることは事前に母子手帳などに

書き出しておいてどんどん聞きましょう!


一ヶ月健診以降に電話で確認することもできますが

1ヶ月健診以降、お世話になるのは基本的に小児科になります。

(小児科が併設されている所は別ですが)


出産して慣れ親しんだ病院で

赤ちゃんを見せながら相談できるのはこれが最後になります。


相性の良い小児科がすぐに見つかるとは限りませんから

聞き忘れのないようにしましょうね!