水疱瘡

水疱瘡は小さいうちに感染すれば湿疹だけで

熱も体調不良も何もなく終わることが多いです。


一般的な症状としては顔や体のいたるところに

湿疹ができて大体1週間程度で黒いかさぶたに

なっていく、というものです。


湿疹の中心に黒い点があるように見えることが特徴ですが

全部がそうとは限りません。


湿疹が色々な場所に出ていたら、まずは電話で

水疱瘡かもしれないってことを伝えたうえで

小児科に受診してください。


水疱瘡は感染力が非常に強いので二次感染を防ぐためです。


もし幼稚園や保育園で水疱瘡になると

1週間、完治するまではお休みしなければいけません。


そして水疱瘡は熱こそ出にくいものの

湿疹の後が残るので特に女の子のお母さんが

予防接種を希望することが多いようです。


ただし、予防接種をしたからと言って

100%感染しないかといえば、やっぱり感染することもあります。


だけど予防接種をしておけば症状が非常に軽く

すむので余裕があれば受けておきましょう。


ただし、この水疱瘡の予防接種は他の任意の

予防接種とくらべて格段に、費用が高いんです・・・。


だいたい相場は7000円~8000円になります。

病院によって値段が違いますから

事前に問い合わせをして聞いておくといいです(^^)


たしかに水疱瘡は命には関わらないけど

痕はずっと残るので悩みどころですよね。


なにせ水疱瘡は感染力が強いので

もし水疱瘡だと気づかない子とうっかり遊んでしまったら

かなりの高確率で感染します。


もし受けることを希望しているのなら

1歳をすぎてから、なるべく早く受けましょうね。