おたふく風邪

おたふく風邪は名前のとおり顔がおたふくさんのように

腫れる病気です(正確には耳の下あたりが腫れます)


熱は出るときと出ないときがありますが

小さい時に感染すれば症状がすごく軽いです。


昔は大抵の人が小さいうちにおたふく風邪に

感染していたので現在も任意の予防接種になっています。


だけど最近は一度もおたふく風邪にならずに

大人になる人が増えてきているので、まだ1度もなっていない人は

なるべく予防接種を受けるようにしましょう。


なぜかというと、おたふく風邪の合併症が

ちょっと恐ろしいんです(^^;)


1割の人がウィルス性の髄膜炎になったり

難聴といった合併症があります。


髄膜炎は後遺症こそありませんが、かなり辛いらしいので

子供に経験させるのはちょっと可愛そうですよね(^^;)


ただし最初にいったように小さいうちに

おたふく風邪に感染していればとっても軽くすみます。


なので予防接種の目安は3~6歳くらいまでに

おたふく風邪に感染しなければ受けたほうが安心です(^^)

ようは幼稚園や小学校にあがる前ですね。


この予防接種はすごく有効的で、予防接種をした人で

おたふく風邪に感染するひとはたった1割だそうです。

もちろん予防接種をしておけば症状は軽くすみますよ。


料金は病院によって多少異なりますが

大体5000円前後となっています。


比較的のんびり目に計画してもいいので

一通りの検診等が落ち着いてから

受けてみてはどうでしょうか??(^^)