任意の予防接種

任意の予防接種とは、接種時期に関係なく有料で

お母さんが自分で受けるか、受けないかを

決めることができる予防接種です。


まずはどんなものがあるが、一折紹介しますね。

接種できる場所は小児科ですべて事前に予約が必要です。


●インフルエンザ

皆さんご存知、恐怖のインフルエンザです。

1歳から受けることができます。


●おたふく風邪

これも1歳から受けることができますが

受ける時期が決まっている、他の予防接種が

済んでからにしましょう。


●水疱瘡

同じく1歳からです。

水疱瘡は感染力が強いので、受ける予定ならば

なるべく早めに受けたほうがいいです。


●日本脳炎

これは地域によっては定期予防接種で無料でできます。

ですが最近では日本脳炎の予防接種を

積極的にうける事はすすめられていません。


なのであえてこちらにしました(^^;)

詳しくは個別の項目を見てくださいね。


以上が任意の予防接種です。


最近では「ヒブ」と呼ばれる細菌性髄膜炎や

急性喉頭蓋炎などを予防するための

予防接種が始められました。


まだ地域や病院によってはヒブワクチンを

取り扱っていない病院もありますが

近頃はかなり普及率が高くなっています。


特に急性喉頭蓋炎(のどが急に腫れて呼吸困難になります)は

命に関わる病気なので費用は大体3万程度かかりますが

ぜひ接種しておきたい任意の予防接種の一つです。


生後2ヶ月から接種できるのでかかりつけの

小児科に問い合わせてみてくださいね(^^)